地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

クリスマスプレゼント

f:id:y2_naranja:20181223145938j:plain
体重55g。は!?
…と思ってよく見たら、頬袋がぎっちぎちだった。ペレットかな…。実際には多分53g位だろう。
クリスマスプレゼントに、頭を突っ込んでじたばたしなくても楽に食べられる高さの餌入れを買ってきたぞ。
ぱっと逃げるときの素早さも、おやつをねだるしぐさも、毛並みも本当に若い。でも3歳にはなれないかもしれない。余命一年の相手と暮らしているようなものだ。それは最初からそう。ハムスターを飼い始めるというのは、余命二年の人と暮らし始めるようなものだ。
でもなんか、もう、慣れたというのとは違うけど、そういうものだと受け入れられるようになった。私はドラゴンやエルフで、短命な人間を見ているのだ。それは憐れむものだろうか。