地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや15年。その地味で地道な生活を記録します。

棚卸し

ねずみ映像はインスタにあげてるせいか、こっちがミルワームブログになりつつある。

今日、60匹入りを発送した。
これで160匹はけたので、だいぶ減っただろうと残りをあらためてみると、
かなりいる。

だいたい、ふるいひとすくいで60匹くらいだが、4回以上すくっているし、ものすごくいるしすごく活きが良い。早く出してしまわないと、これはさなぎになり始めるやつ。やばい。
試しに、18cmくらいのプラの皿に入れてみたら、山盛りいっぱいで大量の大きなミルワームがうごめく地獄よ。

一匹一匹数える訳にもいかないし、これは原価割れ覚悟で数を出すか、100匹入りを出すかといった感じ。参るな。本当に数えようかな。
小分けにすると床材が大量に要るので、そこも考えないとだし、発送に使うケースは百均のなので、在庫が不安定。封筒は普通にセントラルで買えるやつだから安心だけど。

じきにさなぎになり始めるのでそっちから順にねずみにあげたとしても圧倒的に数が多い。
手元には、繁殖用含めて百匹、うち30匹を繁殖に回せば充分。
残り70匹だけど、今、まだ生まれて間もないちっちゃい組が多分育つと百匹弱くらいいるので、入れ替わりにそちらでまかなえる。

なので、まず手もとの大きなミルワームを大きいやつから百匹よっこして、
残りを数えるか……。
百匹って意外と少ないので、手もとに残すのは130匹にしたとしてもまだ大量にいる。うーむ。

やっぱりちゃんと数えるか……。
カップが余ってるので、百匹ずつ数えてカップに入れて数え、200匹ずつにして全部で何匹いるか。

現金が全然なくてケースの買い出しができないため、出すのは来月になってからになるが、百匹入りも60匹入りもすぐに落札されたので、即発送できるようにするには、資材が揃ってないといかん。

発泡スチロールとかの普通の緩衝材は食べられてしまうので使えないし、手元の段ボールの残りも少なくなってきたから、いっそ箱をバラして使うか。買うほどではないくらい、うちが梱包材だらけだ。

とりあえず、問題は現金がなくて百均で買い出しができないことなので、まず発送個数を決めるためにミルワームを数える。
ケースの感じからして、60匹単位がえさの量としては良さそう。
分水嶺は、300匹いるかいないか、かな。

そこから逆算していくことになるから、まずはミルワーム棚卸し。
床材は、フレーク状のふすまがすごく邪魔なので捨ててしまったけど、勿体ないので、次からは発送用のえさに多少混ぜよう。ふるいに残るから普段は不便なんだが、今のやり方だと歩留まりが悪過ぎる。

発送

ミルワームが相当育ってきて、さすがにあまりにも多いので出品した。
60匹入りの大きめの個体のものと、100匹入りの小さめの個体のものの2つ。
床材が絶望的に足りなくて、急遽注文したりもしたが、とりあえずひと段落。

残りのは、床材が古くなってきていて換えたかったので、ふるって床材とたんぱく質の添加剤を混ぜたところに入れた。
成長途中のが、大小あわせて400匹くらいいるので()小はともかく、大の方は少し育てて大きくなってからまた出品する。

緩衝材としてプラスチック由来のシートを入れてみたら食われていた。
そうだった……。発泡スチロールでさえも食べるんだった……。
なので、ボール紙を乗せた上にキッチンペーパーをたたんでかました。キッチンペーパーやボール紙なら、もし食べても大丈夫だろう。

見積もり不足で、ケースと床材と送料を合わせると真っ赤っ赤だが、ミルワームを大量に保持していて成虫になった場合のことを考えると、お金を出してでも引き取ってほしいのが実際のところだ。

あと400匹……。
なるべく、100匹では多い人向けに60匹単位で出そうと思っていたのだけど、なかなか個体数のコントロールが難しい。

当代のねずみが年を取って、ミルワームが多めに必要になったときのことも考えつつ、まだ極小サイズで選り分けられないサイズの幼虫との兼ね合いも考えないと。

幼虫は今いるだけで充分で、メインの飼育ケース組(ふるいにかけられるサイズ)から出品とねずみへの餌やりをしている。

その他に、カップで飼っていた居残り成虫組が産んた卵から孵った、糸ほどに細くてしばらく育つのを待つしかない幼虫が1カップ分。これも多分、育てば結構な数になる。

継代飼育して餌にもするなら、多少の余りは仕方ないとして随時出品しても、だいたい成虫は30匹くらいいれば充分だと思う。
つねに餌として与えられるサイズの幼虫がいる状態にするには、タイミングが難しい。今は、さなぎはもう羽化させないで、ねずみに食べさせてる。

成虫は羽化してから1,2ヶ月で死ぬが、卵から孵って羽化するまでに数ヶ月かかることから、半年ではちょっと足りないが、3ヶ月周期では絶対に余る。四半期くらいかなあ。

今いる幼虫のうち、300匹までは手放しても全く問題ない。60匹単位として5回か。ちゃんと原価で出そう……。
床材は今月か来月にまた買い足すことにしよう。今度は1kg買っても大丈夫そう。うちで使う分もあるし。

ほんとは、ねずみが残したり食べなかったペレットを粉末にして与えた方がよりしっかり育つので、どうするかちょっと考えてもいいかも。今まではそうやってペレットで育てたのをあげていたが、ふすまで育てた個体もあまり変わらなかったので床材をふすまにしたのだった。
でも、うちで育てると、どうもいまいちぶっとい感じには育たない。

単価でいくと、最初からペレットをミルワーム用に買って粉にした方が安いし状態もいい。コーヒーミルが要るけど。発送用にだけふすまの床材を使えば、育ってから送るからそれで良いし、調達であたふたしなくていい。
ペレットは本来、開けたら1ヶ月くらいで消費しきった方がいいので(主にダニ対策)、ねずみにも与えつつ、ミルワーム用にもすれば無駄もなく、ねずみも新しい餌が食べられる。

整理すると、
今いるミルワームは、大きいものから60匹ずつ、300匹まで出品する。床材はふすま。
余る分は、大きいのからねずみにも与えつつ減らしていって、30匹は成虫まで育てて次世代とする。
ただ、400匹の根拠は、重さを計って42gあったからなので、多分ほんとはもっといる。100匹のも1つ出すか。
A5封筒とケースがあと6つ要る。

カップの中の小さいのはそのまま育てて、数えられる大きさになったら数えて対策を考える。次世代の成虫の子が育つまで、しばらくはこっちのカップのでつなげると思う。多かったらまた出品するけど、だいぶ先のことになるだろう。
次世代の成虫が死んでから、カップ組から30匹を成虫まで育てる。

2つのグループを代わる代わる繁殖させることになるので、飼育ケースをもうひとつ買った方がいいかも。そして、今のカップ組をそちらに入れる。
成虫になったら床材は捨てられない(卵を床材に生むので)。
片方は幼虫組、もう片方は成虫組というローテーションになるはずだ。室温と季節にもよるけど。
まあ、とりあえず2世代くらいやってみないとわからんので、年末まで様子見しよう。

差し当たって必要なのは、封筒と発送用のケースが6つ、発送用の床材が900gくらい(1回分くらいは残りがあるので)。
あと、急がないけど、コーヒーミルと飼育ケースひとつ。
ペレットは、カップ組が成長するまではあまり要らないので、今はまだ食べ残し分とハムセレの余りでいい。

今いる幼虫は、出品するにはまだ小さいので、1週間ほど置いてから出す。
12月に入ると、発送中に凍る可能性があるので、なるべく11月いっぱいで完了させないとならん。
来年、最低気温がプラスで安定するようになるまで、出品は止めておく。

これでとりあえずの想定はいいかな。

さて、価格を決めるのと、コーヒーミルを探すか。

出品

繁殖させたミルワームが、繁殖させ過ぎて結構な数になっている(しかも産卵のタイミングがそれぞれずれているので、大きさが一定していない)。

カップだとちょうどいいサイズの発送方法がないので、セリアでA5のクリアフォルダを買ってきてそこになるべく大きい個体を選んで入れてヤフオクに出品した。
儲けゼロ。クリアフォルダ代と発送料でゼロになる。

氷点下になる前に、うちの余りのミルワームは可能な限り出品しなくては。
継代飼育をして、やまとが食べる分を常にストックしておきたいので、産卵時期が異なる4パターンのミルワームを用意して、でかいのは、そろそろかな、と思ったら出品する。割と難しい。
今大きいのと同居しているちっちゃいのもいずれは発送対象だなあ。

とにかく数を減らさなくては。

体重52g。

体重52g。いっときは単なるまんまるねずみになっていたが、おやつを少し控えたら、主に手足がしっかりしてきて、ちょうどいい体格になってきた。

今週末で生後3ヶ月だ。
まだ完全に慣れた訳ではなくて、最初の頃のように手の上で耳を伏せてびびってたり、乗せると後ずさりしたりはしなくなった。
だが、おやつをもらうだけもらったら、すぐ皮むきをしたくてすぐに帰りたがる。
まだ仲良くなるには少しかかるなあ。

歴代1位ではと思うくらいにタマがでかく、二本足で立ち上がるのが上手。
そこも撮りたいんだが、なかなか難しい。

りんが破壊した紙の家がひとつ余っていたので、設置したらもう崩壊寸前まで齧り倒した。新しいのを買わないと。

好物はラクトバイト。ちょっとたけあげているが、いつまでもなめている。

週2くらいでミルワームもあげている。よくたべる。

フンを掃除するとすごく嫌がってその辺で荒ぶっているが、じきにおさまる。

次は、なるべく少しケースの外で遊ばせることかなあ。こたろうよりはどんくさいので、ぱっと膝から枕に飛び移ったりができない。

背中の線が一直線なのがチャームポイント。意外と珍しい。

ひまわりの種

体重50g弱。生後2ヶ月なんですけど……。
丸くてもちもちした感じから、大人のハムスターの体格になってきた。
とりあえずの目標の50gは達成したので、おやつをあげすぎないよう気をつける。
つい、りんの晩年のノリで与えていたが、多分あげ過ぎてる。

とはいえ日付が変わって、生後2ヶ月のお誕生日になったので、お祝いにひまわりの種を2つあげた。
ハムスターにあるまじき、ひまわりの種のあけかたへたくそねずみなので、少し練習して会得したまえ。

普通は教えなくても余裕で開けられるのに、やまとは少しずつかじって殻を細くバラバラにしてやっと開けているので、コツを教えてやりたいが無理。
試しに横だけ割ってあげてみるかな。
……そこまで賢いだろうか。