地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

今朝のねずみ

体重44g。よしよし。
また、右目が閉じたままだったが、また濡らしてこじ開けて目薬点眼。
1日3回にした方がよさそうだ。朝・夕・寝る前。
まぶたの腫れ自体は引いてきたように思うので、あとは少しでも目が開くようにしていくことか。

流動食を嫌がる様子はないから、しばらくはちゃんと飲んでくれそうだ。でろっとこぼすけど。そして嫌がったとしても強制給餌するけど。

今朝はまた、毛布の下にもぐっていて、ケースに帰したら、毛布の下に入って行った。
自分で歩けてるし、まだ餌を食べようとしているし、まだ大丈夫(多分)。

強制給餌後の頬袋掃除につかう綿棒が、むちゃくちゃあったのに、もうなくなりかけている。1回に両方掃除して、流動食が入ってたら何回かかけて拭き取って、最後に水気を拭き取るので(本来は、頬袋は乾いている)、無くなるのも当然か…。
今日は雨だから、明後日に買いに行こう。

目が、目が…。

f:id:y2_naranja:20190521000840j:plain
体重44g。よしよし。
右目がまた閉じている。
濡らしては拭き、開いてみたときに、少しねばついて糸を引いた感じがしたので、やっぱり膿が出てるっぽい。
綿棒をお湯で濡らして、まぶたの間を通すようにして拭いたら、右目が何とか開くようになった。
とはいえ、まぶたが腫れているのも事実。普通には開かない。かなり人相が悪い。長期戦になるかも。

人間はちょっと介護疲れ気味なので、仕事を早めに切り上げて、流動食作ったあとの掃除は明日の私に任せて、今日は寝る。

明日、毛並みだけでも良くなってるといいな。

目にできものが

f:id:y2_naranja:20190520133955j:plain
体重43-44g。
調子が悪い状態が続いている。
以前からたびたび悪くしていた右目は、眼内出血は引いたようで、ほぼ黒目に戻ったが、何か炎症を起こしていて、上まぶたが少しめくれた状態で目やにが固まり、目が閉じてしまっていた。

夕方の強制給餌の時間に、まずまぶたに沿ってよく濡らして、目やにを柔らかくし、少しずつ目を開けてゆき、強制給餌が終わってから、「先に謝っとく、ごめん」と、開けるところを開けるだけ開いてみた。

どうしても、目頭が閉じて見えたので、更に濡らして、よく拭きながら様子を見て、目頭まで開いてみたところ、目頭のすぐ近く、上まぶたの内側に、小さなできものがあった。
あーこれ、マイボーム腺腫っぽい。初代が生後7-8ヶ月くらいのときにやったな。
病院に連れて行きたいが、今はあまり状態が良くないので、極力動かしたくない。
それに、治療は、今の抗生剤を続ける以外にはないはずなので(極端に大きくなった場合は、注射器の針で切開して膿を出すが、そこまでではない)、見張る間隔を増やして、目がくっつきそうなら拭いて開けてやるくらいしかない。
どのみち私が寝ている間に、また固まりそうだけど…。
開いてないと薬も入らないので、本人がないて嫌がってはいるのだが、なんとか状態を維持しよう。
なんか、まぶたをかいていたので、かゆいのもあるのだろう。

ちなみに毛布の配置だが、結局こうなった。快適らしく、ケースに帰したら、いそいそと入っていった。
まあ、気に入ったならなにより。

毛布

f:id:y2_naranja:20190518214247j:plain
何でか、私の毛布に乗せると、強制給餌が嫌で泣き叫んでいても大人しくなるので、毛布をちょっと切り取って寝床として進呈してみた。
もう一枚あった方がいい感じかなあ。
一般的には、毛布とかフリースは、爪を引っ掛けたりして危険なので、使わせない方がいいと言われている。
でも、こんなに好きなんなら、使ってもらおうじゃないか。
なにせ、人間は小さいので、毛布は丈が余っているのだ。