地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

初めての病院

f:id:y2_naranja:20201001195013j:plain
https://www.instagram.com/p/CFy-3swAd89/?igshid=1xwxsemrllgi7
悲愴感漂う顔でキャベツをかじるねずみ。

予約した時間の前に、余裕をもってまずねずみ入れを用意しようと思ったら、いつもの場所になかった。何故だ。どこに置いた、過去の私。
直近では大掃除のときにねずみを閉じ込めるのに使ったはずだ。

仕方ないので、もうひとつの少し大きい米びつに床材を入れ、本人を入れて、風呂敷でくるんで外へ。

タクシー、待つと来ないの法則。次は呼んでおこう。

病院に着くと、待合室の話し声や、なぜかかかっている音楽など、色々な音がする。
普段、うちは静かなので、それだけでも怖かったらしい。うちでは雷鳴ってても微動だにしないんだが。
時々、少しケースを開けて触ってやって、人間の存在を知らせたら、出せ出せとねずみ入れをかじりだした。
ほんとかじるの好きね、君。

りんは初診なので、まず、ここまでの経過と体重の変化を伝え、患畜情報登録のための住所氏名などと、ハムスターは繊細な動物なので、診察だけで調子が悪くなることがあること、もし診察のミスで怪我などがあったらそれは病院が負担することなどの同意書を書いた。

こたろうのときよりかなり細かくなってる。
動物愛護管理法が改正されたのもあるのかもしれない。
あと、ハムスター関連で過去に何かあったか。

そしてまた待つの巻。

ようやく呼ばれて、診察室に入る。
まず体重測定だが病院での測定値は63.6gだった。
普通は、これでもでか過ぎ。

左のわき腹にある2つの腫瘍のうち、ひとつは肘と膝のちょうど真ん中あたりで、直径6,7mmで柔らかい。こちらは多分脂肪腫とのこと。
もうひとつは2,3mmくらいと小さく、やや固いのだが、小さ過ぎてよくわからない。
うん、私もだ。

体重の減少は心配だけど、元が太り過ぎだったので、多少は減っても、適正体重に近付くから良いのかもと言われた。
うん、フォルムが普通のハムスターっぽくなってきたよ……。

短期間に体重が減少したことから、以前より水を多く飲むようになったりしたかとも訊かれたが、そこはとくに変わりない。

急な体重減少の場合、よくあるのが糖尿病で、多飲多尿が特徴なのだが、とにかく採尿ができない。

今までのねずみ共は、ケースに戻されたら、一度トイレに入ってしっこすることが多かったので、トイレをよく洗って入れておいて、一度本人をケースから出し、ケースに戻して空のトイレでしっこしたところで検査紙を浸して検査していた。

が、りんは必ずしっこするタイミングというのが全くないので、検査のしようがないのだった。時間が経ったらダメだし。

とりあえず、まだ手術可能な月齢ではあるけれど、手術はハムスターの身体には負担が大きいため、薬を飲ませつつ経過観察。
もし、こたろうのようにあまりにも大きくなったり、急速に大きくなる悪性腫瘍っぽかったら、手術のために院長先生に診てもらう、ということになった。

薬を貰い、ようやく帰宅して、大急ぎでケースに床材を戻して本人を入れると、とりあえず近くにあった別荘に入って、呆然としていた。

少し置いて、通院時に水分補給のためのキャベツを入れていなかったので、大きめにちぎって、ケース内を見たら、紙の別荘に入って縮こまっていた。

しかしキャベツを見ると、虚ろな目のままで顔を出して、しゃりしゃり食べ始めた。
済まぬ、のどかわいてたかな。

こたろうや、初代のりゅうのときもそうだったが、腫瘍を小さくするというマイタケエキスを出された。

Wikipediaでは、効果については不明とされているが、楽天でも売ってるし、アガリクスパウダーなんかもよく売られている。
効くのかなあと思いつつも与えてはいる。
アガリクスパウダー、そろそろ買ってみようかなあ。

まずは貰った薬を、今日のおやつの時間に一滴飲ませよう。

メモ

9/27夜、体重64g。
脇腹の何かは少し大きくなった気がする
と思ったらその下に何か小さくて固いものがある気がする。最初見つけたのはこっち。
脇腹の何かは、多分5mm前後で、柔らかい。
できるなら切って欲しいけど、お金がない。参った。
10/1になったら、いつもの方ではなく、石山通りの方に行く。
明日、予約を入れておく。

暑さ対策

f:id:y2_naranja:20200728022502j:plain
f:id:y2_naranja:20200719113045j:plain
体重計測し忘れ。多分70g……。

時々、暑くなるようになったので、今年も去年同様に、百均のクーラーボックスをねずみ用に改造。
ガムテープ1枚でコーティング→早速破られる
4枚重ね→破られなかったが、かじっているうちに頭が入ったようで、なんかごそごそいってるなと思ったら、ねずみが入ってた。
中は濡れているので、急いで救出して、よく乾くまでキッチンペーパーとティッシュで拭きまくった。

幸い、お腹を壊したり体重が減ることはなかったが、1.5cm位の幅で突破されるなら、5mm幅くらいでたくさんスリットを入れるくらいでないと、機能しない。
あまり暑くない日が続いてるのでとりあえず保留にして、表面を完全にコーティングした反対側を出し、ケース奥にアルミプレートを入れた。

それから数日。
トイレにあまりしっこをしていない。
水は飲んでいる。
なぜかケース内にコバエが飛んでいる。

……まさか、と思って、奥に置いたアルミプレートを持ち上げたら、しっこがたまってた。お前最悪。
狭い場所で、ここにトイレを設置できないので、次善の策として、とりあえずペットシーツを切ってその場所に敷き、クーラーボックスを動かされないように徳丸本を重しに置いた。

8月が暑くなるようなら、今度こそ工作をして、絶対入れないようにしなくては。
ハムスターは、頭骨が通るところなら通れる。
以前、金網式のケージの入り口のごくわずかな隙間に頭を突っ込んで、ぬるりと通り抜けて脱走する動画を見たことがある。

飼育ケースの外に出して散歩させることにメリットがないと言われるのは、散歩させたねずみ共が、外も縄張りだと思って脱走したがり、そして実行するからだ。

5mmはきついから、8mmくらいでなんとかならんかな……。

1歳と1ヶ月

f:id:y2_naranja:20200625234312j:plain
体重70g。相変わらずの重量級。
6/29で1歳1ヶ月になった。
左手のブレスレットを見ると必ず噛み千切ろうとするので、ゴムもへたってきていることだし、ワイヤーで組み直さなくちゃなあ。

どうも、回し車でしっこをする癖がついてしまったようで、仕方ないので回し車は一時的に撤去して、良く洗って、ねずみが悪癖を忘れるまで、しばらく待つ。
なのに何だかめちゃくちゃ臭いと思ったら、今度はテラコッタプレートにしっこしてた。
こたろうの匂いが残ってるのかなあ。
テラコッタプレートも、水に浸けて匂いを抜く。
とりあえずトイレでしっこをするようになったので、あとはもう一枚のテラコッタプレートでしっこをしないことを祈るのみ。

『LinKage』の朱の乱の薊、川淵かおりさんに「大福」と呼ばれているが、脱大福できるかなあ。

とりあえず、自粛期間中はペットショップも休みだったので、なんとか落ち着いたところで買い出しに。
床材はまだあるから良いとして、おやつ、とくにそばの実がなくなりかけていたので、アイランドやまがみで補充。
あと、路肩に捨てられていたという、とんでもない境遇の割にずいぶん元気なゴールデンハムスターのコロ吉(メス)が使っている、紙製のハウスの小さいのがあったので買ってみた。
底は抜いた方がいいだろうか。
(中にしっこされることがある)

霖は普通の個体で、ちょっとお腹がゆるい。
まだ元気だから、流動食は買わないでおいたけど、こいつはこたろうほどではないにせよ、まだまだ毛並みは良くてつやつやだ。
1歳半を過ぎて、背中が曲がってきたら、標準的な寿命の個体なんだろうなあ。来年の夏は越せるかな。

まだまだ暑くならないけど、クーラーボックスの準備をしなくては。

レイアウト変更

f:id:y2_naranja:20200516003959j:plain
体重70g。または71g。なかなかやせない。

おやつを減らしたので、少しはやせるかと思ったが、体重を維持したまま、ぽりぽりとペレットを食べている。
半分しぶしぶながらもハムセレも食べている。ハムセレをちゃんと食べるようになった個体は、りんが初めてである。
ハムセレが高カロリーだからやせないのか?いや、あまり関係ないような。

うちに来たときからそうだが、フンが若干長めになってる。フンが柔らかいとこうなりがちで、病気の兆候の他、ストレスなどでもこうなるが、ずっとこうなので判断に苦しむ。
寄生虫によるものの場合もあるが、とくに問題なく、必要以上に体重も重いし水も飲んでいるので、何か異常があったら病院に行こう。

そうそう、特別給付金、ねずみが通院するための貯金をしておこうと思っている。小さくても診察料は安くはならないし、くろとゆずは、お金がなくて病院にかかるのが遅れて早死にさせてしまったから。

こたろうみたいに、腫瘍ができても、手術してもらえるくらいにはとっておこう。

さて、忘れていたのだが、ねずみの住環境である。
たこつぼの中でフンをしたら、入口の外に出してくれるようになったが、その他の場所はそのままなので、ねぐらにはたんまりフンがたまる。週1くらいで掃除しなきゃ、と思ってて忘れていたので、日曜日はお掃除日にしよう。

以前やってたみたいに、どこかに監禁してやるような大掃除は、長いことしていない。ただでさえびびりで生活環境を脅かされるのを嫌うので、なるべく必要最小限に留めて、大掃除は冷房をセットする夏まで待とう。

本人を、ケースの左半分のトイレのあるエリアに追いやって、テラコッタのプレートを積んで、どけたところのゴミをひたすら右端によせる→床材をどける、の繰り返しで、フンがごっそりたまっているのを回収して捨てる。
週2にしようかなあ……。
寝床をふわふわにするべく、ティッシュを小さくしてやったものを集めていた形跡があるので、あとでまたあげないと。
それにしても何故ねずみ共は、小さくしてない一枚もののティッシュを見ると、奪おうとして襲いかかってくるのか。お前にはでかすぎるのだ。諦めろ。

「ステージになるかじり木」は、かじる気配も使う気配もないので、配置を変え、ケース奥の別荘(たまにトイレ)の隣に置く。
餌入れを置き直し、テラコッタのプレートを並べ、たこつぼを置き直し、バックヤードの床材の山を適度に積み上げる。
かじり木をどけたところと、回し車の後ろにも置こうとしたら、ここも結構フンがたまってる。ぐぬぬ
結局順繰りで、掃除して復旧→戻す、を繰り返すはめになる。

トイレの位置はそのまま。
最近また回し車でしっこすることがあるのだが、今日は大丈夫。

ハムスターにはふわふわの床材を、というのが定説になっているが、私が今まで飼ってきたねずみ共は、みんな、平らなところがあると、そこに座って毛繕いしたりくつろいだりしていた。

なので、左奥の角の床材を積んだ横に、かじり木を移動。
角が床材の山(たまに住んでる)→隣にかじり木→別荘の順になっている。
慣れるのに少しかかると思うが、多分この置き方の方が落ち着くはずなので、しばらく様子見。

あとは……ダイエットか……。

歳取ったら自然とやせていくし、病気のときに身体が小さいとすぐ弱ってしまうのだが、肥満が原因の病気の方が多いからなあ……。