地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

買い足しする?

脂肪腫に栄養を持っていかれないよう、ミルワームを1日2回2匹ずつ与え、ひまわりの種とかぼちゃの種を1つずつにしたら
体重が減った
何故だ。いや、合ってるのかなあ。
ミルワーム4匹体制を維持するかどうか迷ったが、ねずみは元気なので、ミルワームを買い足した。
今度のは、よく動いているが色が悪くやせている。うーむ。
ヤフオクで、ミルワーム等の床材各種が出ていたので、高栄養のものを落札した。
新しく買ってきたカップのは、その床材に変えてしばらく育ててみることにしよう。

それとは別に、そこそこの大きさのミルワーム100匹も出ていたが、買うべきかどうか。
今いる方は、なんせ1日4匹だからだいぶ減った。まだ大丈夫だけど、今月中にはいなくなるなあ。

新しくカップのやつらは割と多めだけど、どれくらいのペースで育つか分からない。
つなぎとして100匹、すぐあげられそうなのを用意しておこうか。うーむ。あと数日考える。

繁殖させた方のカップの床材には、5mmくらいの糸くずほどには成長したミルワームが、あちこちに見られる。
ただ総数が分からないし、小さ過ぎて床材を落札したものに替えられないので、イースターのインコセレクション バイタルパウダーの消費期限切れのパウダーを足してみた。
今の床材はペレットを砕いたものなので、この小虫どもにはちょっと大き過ぎるかもしれない。
細かいパウダーなら食べやすいだろうか。

成虫約8匹で何匹生まれたのかは、もっと待ってみないと数えられないが、1カップ分には程遠そうなので、次は20匹くらいを小さい虫かごにでも入れて飼ってみよう。

ねずみがここのところ多飲多尿で、糖尿病の疑いがあるが、それであれば尚更ミルワームをあげないとかなあ。たんぱく質は控えた方が良いのだっただろうか。

色々と、なかなか難しい。