地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

ずっしり

f:id:y2_naranja:20200329233745j:plain
体重69g。70gだったり68gだったりしているので、少しずつダイエットが進んでいるようだ。
まあね、ミルワームあげすぎちゃったからね……。
インスタもしばらくあげてなかったけど、本人は、あまり変わらず。
手に乗せると、ずっしりと重い。
メスの小さめの子2匹分だもんな……。

3/29で生後10ヶ月、うちに来て9ヶ月が経った。

だいぶんなれて、落ち着いてきたが、こたろうのように無闇に頭の良いところはなく、基本的にはアホの子である。
だから回し車でしっこするなって!

おやつのときにあちこち探し回るようになったが、まだケースのすぐ外にいるということがわかってないので、自分で帰ったりはしなさそう。
その代わり、とんでもないところに潜り込んで、出せなくなりそうになるので怖い。
遊ばせるときは、あまり放置できないな。ポッケとかにしまおうか。

ねずみ入れより小さい、虫かごとかがあると、ちょっとゴミ掃除するときとかに良いのだが。

たこつぼの中にいるときは、中でしたフンを入口から外に捨てるようになった。
あくまでたこつぼだけで、他のところはそのままなので、定期的にフンだけ掃除。

床材は、あまり変えない。
りんの場合、びびりで縄張り意識が強くてアホの子なので、匂いが消えるとショックを受けるようで、回し車を洗ったときは、しばらく嗅いでは乗ったり降りたりをしていた。
お前がしっこしたからでしょ……。

たまに大掃除はするが、紙の床材だし、汚す生き物でもないし、ここは亜寒帯の湿度の低い土地なので、あまり変えなくても問題はとくにない。

手の上で仰向けになるのはすっかり慣れて、しばらく自分の手をせっせと舌でなめて毛繕いして、ついでに足も毛繕いしたりしているうちに、はっと我にかえって、ケースに帰りたがるので、そうなったら戻す。

といっても、とりあえず私の手から降りると帰れると思っているようで、具体的にケースに帰るルートに気付いてはいない。
自分でケースの毛布に登って帰った、こたろうが特殊なんだよ……。

餌は、ハムセレがあまり好きではなくて、よく散らかしているが、食べてはいる。
圧倒的に、ヘルシープレミアムの方が好きみたいだけど。

さながら、旅かえるのような関係だが、夜中に回し車を回す音や、餌入れまで来て餌をかじる音や、水を飲む音を聴いていると、ほっとする。

お前なら、足掛け4年くらいいられないかなあ。どうだろう。