地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

寝起きの悪さ

人間が弱りつつも冷房をキープし、覗いてみたら、今日もケース手前の別荘に丸くなって寝ていた。
普通ここで起きるのだが、声をかけても起きてこない。
呼吸してるかどうか。
と、手を中に入れようとしたら、いきなり目を覚まして、しかも人間の手を見てマジでびびってびくっ!と飛び退いた。飛び退いてもすぐ別荘の壁に当たる訳だが。
特に用がないなら寝るよ、と横になるさまは、さながら私の寝起きのようだ。
私の寝起きの悪さは最悪というか、声をかけられて起きて、会話してまた寝てしまったりする。らしい…。
こんなことだけ人間に似なくていいんだけども…。
起こして、水曜のおやつのチーズをあげて、外に誘い出した。
体重57g。少し戻った。激減したらどうしようかと。
いつかは、多分こんなパターンで、もう起きてはこない日が、多分1年以内に来る。でもだからこそ、生きている間は、冷暖房を設置したりモフったりおやつやったり指かじられたりして、生きているねずみにとことん付き合う。