地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

飼い始めの子ハムのよう

体重55g。ぐぬぬ
どうも、二種類あげているペレットのうち、ヘルシープレミアムを食べていないようだ。そして、柔らかい方のでかいペレットを砕いて餌入れに入れると、夢中で顔を突っ込んで、どうやらペレットを砕いたときの粉をなめている。
見た目は若くても、来月には2歳だものな。歯がそろそろ弱ってきてもおかしくはない。たんに、好みの問題という可能性もあるが。
まだ私に対して人見知りをしていて、まるで飼い始めの子ハムのようだ。手に乗るだけいいけど、自分からは乗ってこない。おやつ作戦が有効なので、地道に馴らす。
そろそろドライチーズを買いに行ってこなくては。ペレットは足りてるけど、ビタミンペーストがなくなりかけている。値上がりしたので、余計買いにくくなった。とほほ。

記憶喪失もの

体重56g。変わらず。
たんにダイエットに成功したんだろうか。元々ローカロリーなペレットを与えてはいるが。減少傾向はストップしているので、身体の異常に注意するくらいしか、できることがない。
餌は撒き散らしながら食べているようだ。二種類のペレットの、両方を食べているのかどうかも謎。いちいち計ったり数えたりしても、トイレに入れてたり、どっかに隠し持ってたりするので参考にならぬ。
まだ、入院前の関係性に戻り切れず、何よりもまず先に指をかじるのも、おやつを貰うだけ貰ったら自分で帰ろうとするのも、思い出しきれていない。
なんか記憶喪失ものでこういうのあるなー、と思いながら、指をかじらせているが、すぐやめてしまう。
回し車の緩衝材にしていたノートにしっこしおったので、代わりを買って来なくてはならないのだけど(でないとそこをトイレにされる)、体調が悪かったり、台風は来るしで、先延ばしになっている。
裏のナットを強引にペンチで回さないと外れないようにしてあるんだよな…。
暖房は、もうしばらくは大丈夫そう。
f:id:y2_naranja:20181007232946j:plain

もしかして:私がストレス源

体重56g。もしかして:私がストレス源
ありえない話ではない。
ほんの申し訳ばかりの脳しかないからな、齧歯類。ましてハムスターは単独で縄張りを張るので、個体識別がそれこそ免疫細胞みたいに「自分かそうでないか」でだいたい足りるし。母ハムはそうでもないけど、人間が触って匂いをつけちゃったら子食いするし。
とりあえずなんかおやつくれる係で、かじっていい奴、というところまでは回復したが、まだ腰が引けてる。あまりかじらないし、ケースの外に出すと手のひらにうずくまってるし。でも元通りの日常を、また積み重ねてゆくだけだ。
幸い、あと2ヶ月弱で2歳なになるとはとても思えない毛並みの良さだし。ハムスターの健康状態や老化は毛並みに現れる。若くてもぼさぼさだったら病気を隠してたりするし、老化がもともと早い個体もいる。
ケース内温度は21度。中旬には暖房入れないとならないかな。約12年前に買った安い電気毛布。ちょっと威力が落ちてきてる気もするけど、随分頑張ってる。

トイレ砂を切らした

体重56g。減ってないだけ良いか。
トイレ砂を切らしてしまって、今日の通院途中に買えばよいかと判断し(結果、1.5kgの砂を持ち歩いて手術の傷がすごく痛んだ。考えなし。)、帰るまでは紙砂で我慢してもらうか、と、トイレに紙砂入れておいたら、回し車の台にしてるノートにしっこしおった。いや、紙だけどさ…。だんだん無駄に通常営業になりつつある。
そうだよな、毎日おやつやってトイレ掃除してだったのが、一週間いなかったんだもんな。齧歯類の小さな頭では、容量はとても少ない。とくに対人関係は割とすぐ忘れる。
地道に毎日世話してゆくか。
おやつを増やすという選択肢もあるが、そうすると野菜かなあ。こいつ、あんまり野菜食べないんだよな。珍しいんだけど。
今は、1ヶ月くらい重いものを持ってはいけないので、トイレ砂の買い出しが一番たいへんかもしれない。自転車もダメだし。バスで行くかなあ。
北海道だと、Amazonはあまり有り難みがないなあ。

本当につやつや

体重56g。おとといが56g、昨日が55gで、1g戻ったけどちょっと心配。
何より、まだ警戒心を解いていない。呼んでもなかなか来ない。まあ、地道に慣らして、元の図々しいねずみにしていくしかないか。
毛並みは、1歳ところか2歳が近いとは思えないくらい、本当につやつや。しばらく手で撫で回してる。
食欲はあるし、水も飲んでるので、何で減り始めたのかわからない。年を取ると自然と軽く、小さくなっていくけれど、こいつはまだまだジャンガリアンではキングサイズだ。
まあ、努力のかいあって口は臭くないし、餌はちゃんと食べているのだから、数日は体重の推移を気にしなくては。