地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

軟便

f:id:y2_naranja:20191104005947j:plain
f:id:y2_naranja:20191104005949j:plain
体重62g。61gに少し振れる。

めりめりとミルワームのさなぎを食べ、何故かフリーズしてうまそうな背中を晒す。やっぱり、白くなってるなあ……。

さてダイエット成功、なら良いのだが、おやつを与えたあとでトイレに入り、出てきたときにトイレの入口にフンっぽいものがついていたので、ティッシュで取って軽く潰したら、餅よりはるかに柔らかく、べったりとした便が。便なのかどうかもよくわからない、ハムセレに似た色のもので、トイレ砂が周りについたから形を保ってたっぽい。

おいマジか、下痢は腫瘍の次にシャレにならない、下手したら数日で死に至る病だ。体重減少は緩やかになったので、少し安定したようだが、わずかに減ってはいる訳で。

どれ、と手に乗せて、尻が汚れてないか見たいのだが、暴れまくり。
ハムスターは、手に乗せられたり嫌な扱いを受けたりするとフンをするので(なので、病院の診察ではほぼ必ずフンをする)、逆に尻をむにむにして、嫌がってフンをしないかな、と思ったのだが、何ともないですな……。

尻も綺麗で、どこも汚れていないので、恐怖のウエットテイル(とくに繊細なゴールデンハムスターに多い下痢。尻が下痢で濡れてしまうのでこの名がある。死亡率が極めて高い)ではなさそうだが、大掃除攻撃によるストレス性の軟便化とも考えられる。または寄生虫とか。うーん。

出たてのフンや尿を取るのは難しく、まず作戦その1は失敗したので、監禁部屋ことグラスハーモニーにまた入れて、今度は床材を入れないで、フンをするまで待ってみようか。
……いや、ストレスで軟便が進んだら元も子もない。

余談ながら、尿の採取は意外と簡単で、トイレ砂を全部出して、よく洗って乾かしたトイレと、人間用の尿検査紙を用意する(ドラッグストアで売ってる)。

本人のルーティンを把握しておいて、例えばおやつを貰ったら、すぐトイレに入ってしっこをする個体なら、したところで即蓋を明けて本人を出して、尿に検査紙を浸す。
異常があればこれで出るので、本人と一緒に病院に持っていく。

うーむ。明日は祝日か。休みかな。
それ以前にお金がない。本気でない。
人間が食べるヨーグルトの無糖のものをちょっとやるといくらか違うらしい。

何とか持ち直してくれ……。