地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

パールの破壊魔

f:id:y2_naranja:20190813015518j:plain
体重56g。ぷくぷく。
まだ全体の成長が全然追いついてなくて、身体ばかりが大きくなっていくので、頭がすごく小さく見える。

姿が見えないと思ったら、今日は涼しいので、右側の床材に埋もれて寝ていた。
散らかしまくった餌を拾い集めながら、声をかけると、起きてきて、たこつぼからばっと飛び出してきて噛みついた。
もちろん、怪我するほどではないのだが、お前、私を喰う気か。

トイレ掃除などしていたら、牛乳パックハウスが、何故か斜めに傾いていた。
霖がせっせとティッシュを運び込んでいた場所である。
よく、牛乳パックハウスをどけて、その隙間に入り込んだりしているから、また潜り込んだりしたのかな、と思いつつ、体重測定しておやつをあげて、今だけのつやつやな背中をなでる。
来月にはだいぶ身体つきが変わってきて、生後半年でほぼ確定するので、今は、本当に白いつきたての餅を楕円形に成形しただけというか、雪うさぎ風。

でだ。
ケース内温度25度。涼しくなって良かったねえ、と、声をかけながらふと見ると、牛乳パックハウスが、また変な位置関係になっている。
そしてその下に犯人が。
どうやら、牛乳パックハウスをかじるのが楽しくなってしまったらしい。
ねずみ共は、よく、こうして何かに「はまる」ことがあって、気が済むまでずっとやる。
しかし、二代目のパールのオスのとらも、よく乱暴の限りを尽くしていたなあ……。
パールは基本的に破壊魔なのか?メスならまだわかるんだが、オスなんだよなあ。
ガムテープのところもかじっているので、かじっても大丈夫な構造にしなくては。

どうやら、まだ子供用ペレットに未練があるようで、不満を人間にぶつけている模様。ついでに牛乳パックハウスでストレス解消。

だいたいの住まいとトイレが定まったので、牛乳パックハウスは、ガムテープだけなんとかして、あとは好きにさせるさ……。