地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

ジャンガリアンハムスター交配の禁忌

交配の禁忌

パールやプディング(イエロー)は可愛いためか人気がある。

なので、パールやプディングの子供を産ませたくて、パール同士、プディング同士、パールとプディングで交配させる人がよくいるが、全部禁忌の掛け合わせで、生まれなかったり、生まれる数が少なかったり、すぐ死んだり、育っても短命だと言われている。

パールホワイトについて

  • ノーマルパール
    白にグレーの差し毛が入っている。一般的なパール。
  • プディングパール(イエローライン)
    プディングの因子を受け継いだ場合に生まれる。主に、背中の線などが黄色い。
    プディングは生まれる数が少ない(受精から出生までたどり着ける個体がそもそも少ない。生まれた個体は普通だが、本来遺伝的に弱い)ため、プディングパールは他のパールよりは珍しくて高い。そして太りやすい…。

ジャンガリアンハムスターの毛色

確実に想定通りの色の子供が生まれる組み合わせはひとつしかない。

劣性遺伝であるブルーサファイア同士の繁殖では、子供は絶対に全員ブルーサファイアになる。

理論上は、ノーマル同士の交配でもブルーサファイア(両方、ブルーサファイアの因子持ちの場合)やパール(サファイアパールもありうる)が生まれる可能性は充分にあるので、繁殖は、詳しい人しかやっちゃいけないし、思った通りの毛色の子は、ブルーサファイア同士以外はまず生まれない。