地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

まだまだ

体重28g。よしよし。
起きてることの多い夜計ることにして、綿棒の箱片手にケースを覗くと…いない。多分寝てる。
どこで寝てるんだろうなあ…と、ケース右側の、うずたかく積まれた床材を見て、一番奥から順々に少しずつ掘り起こしていったら、真ん中へんのかなり深いところに小さな白いマズル発見。
そっと掘り起こしてケースに入れ、体重を計った。増えてるね。よしよし。

ほんとは、慣らし期間中は、体重測定も控えた方が良いのかもしれないが、環境の変化で体調を崩したり、病気になってても見つけられない可能性が高くなってしまうため、体重だけは計った方がいいと思う。
そういうのは、様子を見られない分、何より体重の変化の観察が頼りなので。
今んとこ問題はなし。

まだまだ警戒はされているが、最初のように逃げ回ることはせず、近付いて、おやつをあげようとする手に近づいて来るところまでにはなったが、やっぱり怖くて逃げてしまう。
退避先が牛乳パックハウスだったので、とりあえず、ケース内での居場所を確立しつつあるようだ。
あと、トイレにしっこしたあとがあったので、わざとそのままにして、匂いを残し、トイレを覚えられるように仕向ける。
牛乳パックハウスではしっこしたあとはなかったので、別荘化するつもりらしい。

餌皿に、こたろうが残していったおやつを数種類、少しずつ入れておいた。チーズも3つ入れたけど、ひとつしか減っていなかったので、そんなにお気に召さなかったかな。
まあ、まだ小さくて、食べられる量も限られているし。
封印を解くのは通常よりちょっと先がいいかも。