地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや13年。その地味で地道な生活を記録します。

診断結果

f:id:y2_naranja:20190130174711j:plain
体重51g。そんな訳で通院。
前回、足の腫瘍を見せるのに、暴れまくってなかなか確認さしてくんなかったので、今回は昨日撮った写真で患部の位置を説明してから診察してもらった。予想通り暴れまくりの鳴きまくりで、先生も器具を用意して、普段やらない、背中をぎゅっとする保定をした。
結果、胸のも謎のいぼのようなものも、良性腫瘍とのこと。手術で取ることはできるし、先生も何回も手術してきてるけど、あんまりメリットはないらしい。手術自体がすごいストレスだしな…(麻酔から醒めないこともある)。しかも、猫以上の軟体動物なのでエリザベスカラーが効かない。縫合したら自分で糸を咬み切っちゃうそうだ。
胸の腫瘍が大きくなったら歩きづらくなるかもしれないが、そんなに心配要らないとのこと。白内障は、治らないというのは確認した。今日は比較的見えてるみたい。
「それにしてもやせないなー」全くです。普通、これくらいだと、もう40gを切ってもおかしくない。50g超えはデヴなんだが、長生きする個体は、若い頃からだいたいそれくらいある。だから、発育の遅い個体や小さいままの個体は、あまり長生きできないものとして、覚悟して飼うことになる。体重をまめに計るのには意味がある。
まあとりあえず、良性腫瘍だったので、初代のような凄惨な闘病生活はしないで済みそうだ。あとは、好きなだけ、生きられるだけ生きてくれ。