地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

動物病院へ

[今日のねずみ]
体重66g。変わらず。
今日は午前診でなくて普通に午後診もやっていたので、夕方、ねずみ入れにカイロを仕込んで動物病院へ連行。夜行性の動物は、なるべく活動時間の夕方以降に通院した方が良いそうだ。
早速診察。まあ太ってるのはともかくとして、尿検査をしようとしたら、うちで済ませたあとだったらしく出ず。
しかし、頬袋からやな匂いがするのに先生が気がついて、もう一方の頬袋は分泌腺からうみが出ていた。
しまってあった雑穀も嫌な匂いがしている。頬袋か、盲点だった。
とりあえずその他には悪いところはないとのことで、炎症を抑えるのに抗生物質を出してもらった。ミルク味なので飲むはずだとかで、朝晩二回。人間と一緒に薬飲むかー。
帰宅して、しばらくあちこちごそごそ掘りまくっていたが、手を出したら寄ってきたので、今日の分の投薬をする。おいしいらしく、ぺろぺろ舌なめずりして催促する。これなら楽だ。
投薬が終わってたそがれてる姿がこちら。
割ってあげてたペレットが良くなかったのかもしれない。ペレットを、角のないものだけにする。あと君、頬袋使うから、良くなるまで当分おやつ抜きだ。