地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

大掃除

[今日のねずみ]
体重67g。もう戻れないのか。
今日こそは大掃除である。
やつを、床材を詰めたねずみ入れに監禁し、器具類を全部出し、床材は使えそうなとこはふるってよけておき、中を掃除してゴミをチェックしつつ残りは全部廃棄。
寄生虫やアレルギー等、特殊な条件下では頻繁に掃除しなくてはならないが、そうでない場合は、うちでは大掃除は2,3ヶ月に一度である。一般的には2週間に1度くらいともいうが、とにかく自分の臭いが消えるのを何よりも嫌がり、基本的に、人間に掃除されるのは大嫌いな生き物である。ゴールデンハムスターだと、飼い始めに構いすぎたり掃除しすぎたりしてストレスで死ぬことすらあるくらいだ。
今回は床材を総とっかえしたりもしないので、まだましな方。次はやるぞ。覚悟しとけよ。
なお、掃除のときにトイレや回し車なども綺麗にしてしまうと、自分の臭いのするものが無さすぎて不安になるので、問題なければ用品は別の日に掃除する。
掃除が終わって、ねずみ入れにかけてあった風呂敷をどけてみたら、直立不動で怒ってた。臭腺の分泌物をべったりつけられてしまった。これなかなかとれないんだよな…。そして臭い。
戻してやると、あちこち掘って回ったり、回し車の台のノートをまた破こうとしたり、貰ったおやつを回し車の陰で脱穀したり、砂浴びしたり、お前、忙しいそうだね…。
牛乳パックハウスが破壊されつつあったので、四方を囲んだスタンダードタイプを導入。ポイントは、テープを飲んでしまわないように、内側から一カ所だけ止めるところ。
また破壊の対象になるのかな…。
なぜか、体をかりかり掻いてやっても嫌がらない。臭腺の臭いがついてるからか。犬や猫並みに嫌がらない。
今はトイレで爆睡中。掃除できん…。