地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

ミルワームとアホの子

[今日のねずみ]
計るの忘れたけど、多分50g。このままだとまた太る。
順調に復調しつつあるので、ミルワームは2日に1回にすることに。
ねずみ用にしている小皿にのせて生贄の儀式を行うのだが、アホの子のぶきっちょさんなのを忘れていた。
おかげで断面を見てしまったが、3代目のように食べ残したりしないだけまだましか。
ドライチーズも、最初は支えてやらないと食べられなかったし、歯が云々以前に、単に動物にあるまじき不器用な奴なんじゃなかろうか。
さすがにミルワームは支えてやれんぞ!
ミルワームは、玄関に置いといたら、気温が低くて生育が遅れすぎてるので、もう少し成長して栄養とってくれないとな、と、やや暖かいエリアに置いたら、脱皮が進んでいた。
いっぺんに脱皮が進むとさなぎだらけになるので、随時移動させよう。
なおハムスターなどの飼育書やサイトには「冷蔵庫に入れる」とあるが、冷蔵庫に入れると死ぬので要注意。

カナリーシードも食い散らかして、おいしいものいっぱいでも、なおおやつを要求する。
ケースに入れた手の周りを、すりすりしながら回るのだが、貴様、そんな芸を仕込んだ覚えはないぞ。
これでもう少し撮影に協力的だったら動画が撮れるのだが、ガラケースマホも嫌いらしい。