読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

太った

[今日のねずみ]

体重50g。減少傾向ストップ。てか丸くなった。かぼちゃの種とひまわりの種を減らしても良さそう。

小さなお猪口にあわ玉を入れて置いてあるのだが、おなかがすいたときにちょいちょい食べているようで、試しにカナリーシードや、えさやりのときに残した分を入れておくと食べている。

カナリーシードは殻を開けられるようなので、あわ玉とカナリーシードはえさやりのときにあげなくてもいいかな。

逆に、そばの実は、開けることはできているが、中身を割ってるかどうかがわからないので、今まで通りにえさやりのときに殻を剥いて中身を割って与える。でないと好きなもんばっかり食べる。

各種栄養が足りているのかどうかわからないので、ミルワームを1日一匹与えている。

買ってきてまず床材をペレットを砕いて粉にしたものにして、玄関の寒いところで一週間ほど飼って栄養状態をよくしてからねずみに与える。かなりおいしいらしく、目を細めてもくもくと食べている。

食べ残しさえしなければいいよ…

なので、ペレットとあわ玉とカナリーシード以外で人間が毎日与えているのは、

-ひまわりの種

-かぼちゃの種

-ドライチーズ

-カイコのさなぎサプリ少々

-そばの実

-麻の実

-ミルワーム(皿に載せて)

このうち、オイルシードのひまわりの種、かぼちゃの種、麻の実を減らす。

なるべく雑穀と、それから虫を増やす方向で。

ペレットは食べてる量がいまいちわかりづらい。ペレットメインなら栄養の心配は要らないのだが…。



f:id:y2_naranja:20161214021341j:image