地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

[今日のねずみ]
おべんと若干込みで体重49g。微増。よしよし。
不正咬合で、実質長い方の歯1本でしかペレットが削れていないが、上手に削れるようになって、がりがりがりがりやっている。おかげでこの音では目が覚めなくなった。
ペレットは、大きいけどちょっと柔らかめの、ショップにいたときから食べていたのを食べている。
しかしくだくと臼歯ですりつぶすことになり、さすがに堅そうなので、もっと柔らかいペレットをなるべく小さく砕いて与えている。
あれかなあ、超粗挽きにできるコーヒーミルに入れれば、ちょうどよく小さい粒が得られるだろうか。なにしろものすごく小さな生き物だから、スケールがいまいちわからない。
買ってあった柿を食べるのを忘れていて、ちょっと柔らかくなったのを切り分けてあげたら、食べる食べる。今までにあげた餌の中で一番食いつきがよい。
おなか壊さなきゃいいけど。とにかくびっくりするほど食べた。
今月の28日でようやく1歳4か月。まだまだちびで成長期。
再来年のお正月も、一緒に迎えられたらいいね。
取り急ぎ、奴の喘息を防ぐために、砂浴び用の砂をトイレ砂に使うのをやめなくては…。
持ったおやつを取り落とすくらいにぶきっちょだし、停留睾丸だし、喘息もちだけど、本人は楽しそうに暮らしている。