地味で地道な今日のねずみ

ハムスター(ここではねずみと呼称)を飼い始めてはや10年。その地味で地道な生活を記録します。

2015-10-28のねずみ

今日で生後3ヶ月。
相変わらず小さい。
体重未計測。25-26g位か。
体のバランスは悪くなく、ただひたすらちっちゃいだけ。

牛乳パックで新築した巣箱を早くも破壊にかかり、風前の灯。
かじり木もかじってる。
ペレットは二種類食べてるっぽいけど、大きい方をトイレに持ち込んでがりがりかじってるのは相変わらず。
私が寝ている間に回し車で爆走しているらしいこともわかった。

さて問題は。
…おなかの真ん中に黒いへこみが見つかった。
これは臭腺という、ジャンガリアンハムスターの「オス」にある器官で、マーキングする物質をここから出す。
(よってオスの回し車は特に汚れる)
そして、メスにはある乳首がない。
でも、タマがあるかといったら、うんまあちょっとふくらんでるかな程度で、ざぶとんとまで言われるサイズではない。

回し車は汚れてない
臭腺ぽいものがあるけど極めておまけっぽい
頬にもあるはずの臭腺も見当たらない
タマがあるのかないのかわからない
乳首がない
体が極めて小さい

…未成熟なまま大人になる、オスの個体という線が出てきた。

名前はしばらく「あさたろう」でいいや

頬の臭腺は、注意して見て、いつか見つけなくては…。